エヌ・ジン

Dr. N. Gin

出演作:2、3、R、C、4、A、A2、N、W、5、G、F、T、M、B

声:中田 和宏(2、3、R、4、N、5)、小形 満(G)、???〔調査中〕(B)

ネオ・コルテックス参謀の天才宇宙機械技師。

昔、実験中のミスで頭にミサイルが刺さってしまい、顔の右半分が機械に改造されている。

メカの扱いに関しては一流で、「DOHC NGIN」や「メカ・バンディクー」等、

毎回強力な戦闘ロボットを開発しては、自らが乗り込んで、クラッシュ達に勝負を挑む。

初期のシリーズでは侍のような話し方をしていたが、『クラッシュ4』辺りから徐々に普通の話し方になっていった。

コルテックスの歴代の参謀の中では、参謀を務めている期間が最も長く、忠誠心も強い。

また、コルテックスも彼を信頼しており、『レーシング』ではエヌ・オキサイドの宇宙船を見て、

「エヌ・ジンに頼んで同じようなのを作ってもらうとするか」などと、ほぼ彼に頼りっきりな様子が垣間見える。

噂ではコルテックスの同級生らしいが、彼のほうが明らかに若く見えるため真相は謎。

『がっちゃんこ』以降は顔色が悪くなったり、危ない発言を連発するなど、人格がかなり変わってきている。

 

   

   

 

【クラッシュシリーズでの主な活躍】

2・・・ブリオに代わってコルテックスの参謀となる。ボス戦では自作のメカに乗ってクラッシュと対決!

3・・・前回よりも、さらに巨大で強力なニューマシンに乗って登場。5人のボスの中で唯一ココが相手をした。

R・・・地球代表レーサー決定戦に出場。加速重視の紫のカートに乗っていた。

C・・・「タマたま」ステージの1つにゲスト出演。高速で回転し、周囲にタマを乱射する、かなり厄介な存在。

4・・・ボス戦はクランチが独占してしまったため、かなりのチョイ役。一部のステージでクラッシュの妨害をする。

A・・・『3』の第2形態とよく似たメカで、クラッシュと戦う。ボスの中では登場順が意外と早くなった。

A2・・・ストーリー本編には一切登場しない。条件を満たすと、通信プレイのカプセル対決で操作できる。

N・・・ベロ皇帝主催のギャラクシーレースに招かれる。改造されたハイテクなカートにテンションが上がってる?

W・・・ストーリー本編には一切登場しない。キャラカード入手で、通信プレイには登場するらしい。

5・・・ボスとしてクラッシュと2度戦う。新作のメカ・バンディクーや、彼が所有する迫力満点な戦闘艇も登場。

G・・・ボン・クラッチ主催のパーク権利争奪戦に参加。顔色が悪く、精神的にもかなり危ない奴と化す。

F・・・シルエットクイズ的ミニゲームにゲスト出演。しかし、頭のミサイルのせいで正体はバレバレである。

T・・・今回ニーナが世界征服の指揮をとることに不満な様子。『がっちゃんこ』同様、キャラが色々と不安定。

M・・・コルテックスがブリオと再び手を組んだためか、出番が少なく不遇な扱いを受けている。

B・・・初期シリーズのリマスターのため、顔色も元どおり。自慢のメカで、クラッシュたちに改めて勝負を挑む!

 

←ニトラス・ブリオ     エヌ・トロピー→

戻る